山・すまい・まちネット イベント情報

ブランド化事業採択の新築住宅見学会のご案内

 『自然と共に豊かに暮らす長期優良住宅』

ため池を渡る光と風をいっぱい取り入れながら、自然素材に囲まれて暮らしたい。
そんな願いを叶える素敵な長期優良住宅が高松市に完成しました。
限られた予算ながら、安心の構造耐力や耐久性、心地よい通風や高い断熱性能を備え、
暮らしやすく「自分たち」らしい住まいをつくりたいという建て主の強い想いを実現
するための数々の工夫や知恵が満載です。
黒い焼杉板の外壁に映える木製ドアを開けると、柱や梁、壁や床に天然乾燥の無垢の
スギやヒノキをふんだんに使い、伝統構法を生かした、人に優しく豊かな住空間が広
がっています。もちろん、今話題の木材利用ポイントもしっかりとフル活用。
広くはないけれど、感じさせない巧みな間取りの中心には、小上がりの居間と対面
キッチン。朝食や子供たちの勉強机にも使える、便利そうなテーブル付です。奥には
キャンプ道具もきっちり片付く収納庫。それに加えて大容量一坪半の床下収納や2階
のロフトも備え、なにかと物が多くて散らかりやすい子育て家庭にとっては、とても
参考になりそうです。

◎開催日時:2014年4月26日(土)・27日(日)10:00〜17:00
◎場 所:高松市香川町(お申し込みの方には詳しい地図をお送りします)
◎申込み先:小松秀行建築工房
電話:087-889-7871 FAX:087-889-7872
E-mail:komaken@mxi.netwave.or.jp
◎申込締切:2014年4月24日(木)まで
 
詳しくは、ホームページを参照下さい。
http://khkk.net/event05.html

地域型住宅ブランド化事業

8月30日、会員設計者・工務店向けに
地域住宅ブランド化事業の説明会及び
長期優良住宅申請の研修を行いました。

住宅を建てようと思っている方、
とくしま山・すまい・まちネットの提案する
「山とまちをつなぐ家」で建てると、
国から120万円の補助金が出ます。

長期優良研修

地域型住宅ブランド化事業

 発表が7月末から8月に延期になっておりました地域型住宅ブランド化事業ですが、
8月6日発表が有り、我々グループの適用申請が採択されました。

徳島県からは我々グループ以外に、

・協同組合  徳島県木造住宅協会
・安心長持ち徳島住宅の会
・フレッセ長持ち住宅供給協議会

の3グループが、
香川県の大西泰弘さんのグループ、瀬戸内気候型住宅フォーラム
も採択されています

採択グループのリストは下記のHPで
http://www.chiiki-brd.jp/adoption/tabid/118/Default.aspx
とりあえずはご報告まで。

地域型住宅ブランド化事業書類再提出

 地域型住宅ブランド化事業の申請において、押印のかすれ等の書類不備があり、再提出をすることとなり、本日づけで書類を郵送してきました。

明日からの台風にそなえて、普通便ではなく、ビジネス朝パックでお願いをしてきました。

もう、書類訂正ありませんように。そして、採択されますように!

地域型ブランド化事業 無事に書類提出です

地域型ブランド化事業の書類を無事に、郵便局に提出をしてきました!
ご協力を頂いた工務店の皆様、会員ユーザーの皆様、徳島県木材協同組合の皆様、本当にありがとうございました!

今回の事業は、「中小工務店向けの長期優良住宅の普及」と「林業と建設業との顔の見える関係づくり」がセットになった大変意義深い事業です。当団体はこれまで何十年にもわたって林業家と建築家とが一緒に活動をしてきた実績があり、この中で林業の抱える課題や建築業の持つ問題などを十分に理解していると思っていましたが、この事業をきっかけに両者の間に「あれ、そういうことだったん!?」みたいなこともあり、より絆が強まったと思います。

県内で様々な団体が動いていており、当団体の会員も他の団体にも加盟しているようですが、山側との橋渡しを担当した人はなかなか苦労があったそう。当団体には何十年にもわたる協働の実績があり、この苦労はよくわかります。

当団体は県内における林業と建築業との顔のみえる関係のパイオニアとして、この経験をぜひ、県内に新しく誕生した団体の皆さまに伝えていくお手伝いをしていきたいと思います。

地域型住宅ブランド化事業

国交省「地域型住宅ブランド化事業」への適用申請を目指し、
生産体制確立のため、原木供給、製材、流通、設計、施工者での
グループ化をめざし、私たちのNPO法人で会員が1社しかいなかった
施工部門の会員募集のため、
6月1日当事業の説明会を杢居で開催いたしました。
結果9社が会員として入会していただき、計10社の施工体制で
申請することとなりました。(林)



地域型住宅ブランド化事業 参加事業者説明会のご案内

NPO法人とくしま山・すまい・まちネット
地域型住宅ブランド化事業 参加事業者説明会のご案内

1.趣旨
  当法人が平成24年度に国土交通省に対して申請する「地域型住宅ブランド化事業」に参画を希望される事業者に対して、当法人が申請する地域型住宅の仕様や原木供給体制について説明を行います。
  県内では唯一となる、伝統的構法による長期優良住宅の申請を目指し、‥敲匹鮗腓箸垢訃豺隋↓乾式工法(貫のみ。筋違は設けない)の2種類の仕様を検討しております。
 当日、参加を希望される事業者は、提出に必要な資料をご持参頂けますようお願いします。

2.日時・場所
  2012年6月1日(金) 18:30〜20:30頃
  杢居 徳島県徳島市八万町内浜114
Tel: 080-2988-9745

3.次第
  1)山すまいまちネットのご紹介
  2)地域型住宅の仕様及び原木供給体制の説明
  3)質疑応答
  4)必要書類の回収等

4.必要書類(事前に事務局より配布いたしますので、記入を頂いて当日お持ちください)
  1)地域型住宅ブランド化事業団体参加申込書
2)供給戸数・希望する予定戸数・取引先等について(※工務店の方のみ記入下さい)
3)法人等の証明
建設業登録工務店の方・・・・建設業登録の写し
建設業非登録工務店の方・・・労災保険証の写し
設計事務所の方・・・・・・・設計事務所登録
林業家その他・・・・・・・・法人登記事項証明書
4)適用申請書記載事項確認念書(地域型住宅の名称は記載しないこと)

5.当日配布資料
  1)NPO法人とくしま山・すまい・まちネット規約
  2)NPO法人とくしま山・すまい・まちネット入会申込書
3)地域型住宅ブランド化事業申請書(案) 

不明点がありましたら、NPO法人の担当者までお気軽にお問合せ下さい
080-2988-9745(平日9:00〜18:00まで)

地域型住宅ブランド化にむけた土壁の納まりについて

地域型住宅ブランド化事業の採択にむけて、当団体は土壁と伝統構法を大切にしてきた団体ですから、なかなか長期優良住宅の仕様をクリアーすることが難しい。でも、本来の意味から長期優良住宅を考えていけば、増改築が容易とか、度重なる地震にも強いとか、co2排出量が少ないとか、そういう家なんじゃないかと思い、あきらめずにチャレンジをします。

耐震等級2はなんとかクリアーできそう。70cmの土壁は壁倍率1.5 これにバラ板を貼って+0.5とします。壁倍率が低いので壁を多く設ける必要があり、大きな窓とかをとりにくいのですが、下屋に壁を回すことでなんとか十分な開口をとることができました。


次が、省エネ等級4。土壁はなかなかきつい!外断熱とするか、デグリードを使って内断熱で納まるのか!


| 1/1PAGES |

最近の記事

カテゴリー

これまでの記事

リンク

search this site.